シンプルがいいかもしれない。

もっと自由に。シンプルライフと日常雑記。

服のお手入れが苦手なことに気が付いた。だからこそ、少ない服で暮らしたい。

 

 

服のお手入れが苦手なことに気が付いた。だからこそ、少ない服で暮らしたい。

f:id:megstyle39:20210228153649j:plain

 

 

前から薄々気付いてはいたが、私は服のお手入れが苦手である。

 

”吾輩は猫である”みたいな出だしになってしまいました。

 

 

 

この秋冬に、決定的に「服のお手入れが苦手」だと思いましたね。

何が一番苦手かって、毛玉です。

 

冬が嫌いな理由のひとつに、必ず「服に毛玉ができる」と答えるくらい。

気候とは全然関係ないところで、嫌いな候補にあがるという。

 

それくらい苦手なんです。

 

 

服に毛玉があると、だらしなくみえると思うのですよ。

 

今まで、毛玉とりでせっせととってきましたが。

ある程度はきれいになりますからね。

 

いえ、良い仕事してくれます。

 

 

 

それでもですね、何度か繰り返すうちに、小さな小さな毛玉や毛羽立ちは残るわけですよ。当たり前ですけど。

 

こうなってくると、”これくらいなら気にする範囲じゃないわ”と着るか、”もうくたびれて手放し時だ”と思うか。分かれるところですね。

 

 

 

私はどうしてもこの毛玉毛羽立ちが、目について仕方がない。

 

完璧主義は捨てた方が楽です」といつも言っているのに、毛玉や毛羽たちが見逃せないのはなぜだ私!

 

 

少しほころんでしまった縫い目を直すとか、そういうお手入れはそんなに苦にならないんです。手縫いなら。

 

でも、毛玉とアイロンが苦手です。

くどいようですが、本当に毛玉は苦手です。

 

洋服ブラシをかけ、時々毛玉クリーナーでとる。

 

 

 

*私は無印良品の洋服ブラシを使用しています。

 

 

ああ、できることならやりたくない。

 

でもですね、服を大切に着たいという気持ちはあるのですよ。

 

となると。

やっぱり少ない服で暮らしたいと思うのです。

 

単純に、数が少なければ、お手入れも少なくて済みますよね。

 

 

 

もはやただの面倒臭がりみたいですが、否定できない。

 

この秋冬で、毛玉毛羽立ちが取り切れなくなったモノは、暖かくなってきたことだし、サヨナラです。

 

これから服を買う時は、より素材に気をつけよう

前もお買い物失敗したし。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

昔憧れたことがあった「丁寧な暮らし」はほど遠い。

 

少なくとも今の私には「楽で簡単な暮らし」の方が必要みたいです。

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 

*参考になります。トラコミュ。*

 

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

 

 応援クリックplease!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ