シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

映画、かもめ食堂を観ました。

連日の猛暑なので、

できるだけ屋内で過ごしています。

 

今日は、先日観た映画のことを。

 

映画、かもめ食堂を観ました。

あらすじ


映画 『かもめ食堂』 予告編

 

ある夏の日、日本人の女性サチエ

フィンランドの首都ヘルシンキに「かもめ食堂」と食堂を開店させた。

 

しかし、近所の人々からは「小さい人のおかしな店」と敬遠され、

1か月経っても客は全く来ない。

 

ある日、食堂にやってきた日本かぶれの青年トンミ・ヒルトネンから

『ガッチャマンの歌』の歌詞を質問されたが、歌い出しを思い出すことができずに悶々としていたサチエは、町の書店で背の高い日本人女性ミドリを見かける。

 

意を決して「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい」と話しかけると、

ミドリはその場で全歌詞を書き上げる。

「旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだった」というミドリに縁を感じたサチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらうことになる。

 

ささやかな日常を積み重ねていくサチエたち。

徐々に客の入りが増え始めていたかもめ食堂は、やがて地元住人で賑わう人気店となるのであった。

 

 かもめ食堂 - Wikipediaより抜粋

 

ぶれない主人公女性、サチエ。

 

f:id:megstyle39:20190817153831j:plain

出典元

https://33press.com/cinema_kamome-shokudou/

 

主人公のサチエが、魅力的でした。

姿勢やたたずまいが美しかった。

 

それは、サチエの内面を表しているようで。

 

主人公サチエは、ぶれません。

自分をしっかりもっています。

 

1か月お客さんが来なくても、

「毎日真面目にやっていれば、

 いつかお客さんは来る」

と落ち込むことなく過ごします。

 

「もし来なかったら?」

とミドリに迫られても、

「その時は、その時です。

 大丈夫、なんとかなります。」

と、きっぱり。

 

毎日寝る前に、合気道の膝行(しっこう)

必ず行って、ココロと体を整えます。

この姿がまた、美しい。

 

サチエの元へ、

様々な事情を抱えた人がやってきますが、

決して土足で踏み込むようなことなく、

過干渉しません。

 

これが、サチエのすごいところ。

 

静かな大人の映画

 

 

かもめ食堂」は、淡々と

主人公と周りの人々が描かれています。

 

北欧の街並みや、

海沿いの風景もどこか静かで、

全体的に大人の映画だな という感想です。

 

 

人には皆、事情がある。

 

どこにいても淋しいものは淋しいし、

悲しいものは悲しい。

 

好きなことをしてるんじゃなくて、

嫌いなことはしないだけです。

 

 

こんなセリフが印象に残りました。

 

あと、「かもめ食堂」は、食べ物が

それは美味しそうに描かれています。

 

良い映画観たな、

という気持ちになりました。

 

かもめ食堂

かもめ食堂

 

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ