シンプルがいいかもしれない。

もっと自由に。シンプルライフと日常雑記。

映画。世界一キライなあなたに。ただのラブロマンスじゃなかった。

映画。世界一キライなあなたに。ただのラブロマンスじゃなかった。

f:id:megstyle39:20181003225929j:plain

出典元https://eiga.com/movie/83995/

 

 

今日は、映画ですよ。

 

ご紹介するのは、

世界一キライなあなたに」。

 

原題は、me begore youです。

 

なぜか、あまりラブロマンスを観ません。

 

世界一キライなあなたに」は、「最高に良かった!」、「感動した!」、「涙腺崩壊」など、かなり評価が高いのは何となく知っていました。

 

「でもまあ、ラブロマンスだよね?」とウォッチリストには入れず。

この時点では観るつもりナシ。

 

その後、あるブログにお邪魔したところ、やっぱりこの映画をベタ褒め。

 

「今年みた映画の中で最高傑作!!」と、熱が伝わってきました。

 

 

 

でも、続きがありまして。

 

「映画の終わり方があんな結末じゃなければ、文句なしに最高だったのに!!どうしてもあの結末は納得いかない、許せない。主人公の男性は、自分のことしか考えてなくて身勝手だ!セルフィッシュだ!!」

 

すんごい怒りの熱量です。

 

彼女にとって映画全体が良い感じだったので、余計に許せず怒りがわいたんでしょう。

 

人間とは不思議なもので、 セルフィッシュだ!!とまで怒り心頭にさせる映画が、俄然気になり始めました。

 

というわけで、観ましたよ!

 

 

 

 

あらすじ

舞台はイギリスの田舎町。

ルイーザ・クラークは、お洒落をすることが大好きな26歳。

 

ある日、働いていたカフェが閉店することになったルーが新たに得た職は、バイクの事故で車椅子生活を余儀なくされ、生きる希望を失ってしまった元青年実情家のウィル・トレイナーの介護兼話し相手をする、期間6ヶ月の仕事だった。

 

最初はルーに冷たく当たるウィルだったがルーの明るさが、ウィルの頑な心を溶かしていき、やがて2人は最愛の存在になっていく。

 

しかしある日ルーは知ってしまう。

ウィルが決めた「生きる時間」があとわずかだということを…。

 

引用元:https://www.cinemacafe.net/article/2016/10/07/44007.html

 

 

 

ただのラブロマンスにあらず。でした。

 

尊厳死を扱ったストーリーなので、実はすごく考えさせられるお話です。

 

愛する人に、生きていてほしいと思うヒロイン。

 

「治る見込みがないから、もう辛い」と人生にピリオドをうちたい青年。

 

息子の意思を尊重してあげたい父親、「私の息子なのよ?、そんなこと認められるわけないじゃない!」と涙する母親。

 

 

すごくすごく、考えました。

 

自分ならどう思うだろう。

どうするだろう。なんて具合に。

 

個人的には、映画のラストで良かったかなと。

 

難しい問題ですけどね...。

観て良かったです。

 

色々考えさせられました。

 

今、アマゾンプライムで観れます。

 

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 

 

*参考になります。トラコミュ。*

 

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ