シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

「文章」は面白い。人が映し出されるモノだから。

本、ブログ、エッセイ、記事。

どれも文章で構成されている。

 

最近、『「文章」は面白い』と思うようになってきました。

 

「文章」は面白い。人が映し出されるモノだから。

石田ゆり子さんにとっての「文章を書くこと」

f:id:megstyle39:20190420132708j:plain


久しぶりに

静かな読書ブームがきておりまして、

石田ゆり子さんの本を何冊も読みました。

 

▶読書。石田ゆり子さんのC’est Joli(セ・ジョリ)ここちいい毎日。 - ミドルエイジのメグミさん。

 

▶読書。石田ゆり子さんの「天然日和」。 - ミドルエイジのメグミさん。

 

▶読書。石田ゆり子さんの「天然日和2 旅と小鳥と金木犀」。 - ミドルエイジのメグミさん。

 

これらの本は、

日記のような内容なんです。

 

石田ゆり子さんは素敵。

でも、ファンというわけではない。

 

それなのに、

日記のような本を何冊も読んだのは、

きっと、ゆり子さんが感じている

以下のことに惹かれたからかな、

と思っています。

 

 

私はときどき考える。

 

私にとって、文章を書くことは

何なのだろうと。

 

多分、懺悔と浄化、だと思う。

 

思ったことを書く。

思ったまま、書く。

 

それしかできないし、

それによって私の心は、

曇りガラスを拭ったように晴れる。

もしくは、整理され、風通しがよくなるのだ。

 

P138より

 

とにかく強く思うのは、

文章というものは、

どんなに頑張っても、

そのときそのときの、

心身の状態を如実に映し出す

ということ。

 

P133より

 

 

 

なるほど。と思いました。

 

私にとっての「文章」を書くこと

f:id:megstyle39:20190420133114j:plain

 

では、私にとって、

文章を書くこと」って何だろう。

 

多分、

記録と呟き。

 

このブログは、主に記録。

 

部屋の移り変わり、

モノの増減、工夫、試行錯誤、

モノや人生観に関する感覚や

捉え方の変化、

心境の変化などなど。

 

過去への執着とかではなく、

俯瞰して変化を見ることができるツール

だと思っています。

 

 

もうひとつのブログは、呟き

 

 ミドルエイジのメグミさん。

 

 

アラフィフの自分が、

思ったこと、感じたことを

ただただ、ツラツラ綴っています。

 

だから、言葉の使い方も違います。

 

「文章」は人を映し出す。

f:id:megstyle39:20190420133310j:plain

 

石田ゆり子さんが

おっしゃっているように、

”文章はそのときそのときの、

心身の状態を如実に映し出す。”

 

穏やかな時もあり、

ココロがざわついている時もあり。

 

これは、自分の文章でも、

他の方の文章でも。

 

だからこそ、

「文章」は面白いのかも。

 

どんなにキレイにまとめてある

狙ったテンプレ的な文章より、

そこに人柄が現れるような文章が好きです。

 

 あぁ、「文章」って面白い。

 

 

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ