シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

ひとり暮らしのシンプルライフ。46回目の誕生日に思うこと。

昨日、誕生日をむかえ、

46才になりました。

 

今年も、おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

去年に引き続き、

46回目の誕生日に思うこと

覚え書きしておきます。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

 ひとり暮らしのシンプルライフ。46才の誕生日に思うこと。

 

去年、

誕生日は、今年も1年

 頑張って生きた自分をほめる日

だと書きました。

 

今も、そのスタンスは変わっていません。

今年も自分をほめてます。

 

40代も後半に入り、

心がけたいことを3つ挙げてみました。

 

1.更年期前整理、生前整理をする

f:id:megstyle39:20180309021154j:plain

 

46才といえば、

もうアラフォーではありません。

アラフィフ

(最近ではアラフィーと言うんですか?)

です。

 

女性の場合、

そろそろ意識し始めるのが、更年期

個人差はあれど、

大変な方は大変とお聞きします。

 

だから、

更年期前整理をしておきたい。

 

しんどい更年期に突入する前に、

モノや環境を整えることは、

とても意味があると思うのです。

 

過ごしやすいようにしておけば、

していないよりはマシなはず。

いざ症状が出始めてからでは、

余裕がないでしょうから。

 

 

そして、生前整理。

平均寿命の長い日本で、

今から生前整理なんて早い

と思われるかもしれませんが。

 

「生前整理」は、

自分が他界した後の為にするのではなく、

自分自身の為、

残りの人生を快適に過ごす為に行うもの

だと、断捨離のやましたひでこさんが

おっしゃっていました。

 

 

ひとり暮らしだからこそ余計に、

できるうちからしておきたい。

 

とはいえ、

普段からシンプルライフを心がけていれば、

大袈裟なことは必要なさそうですけどね。

 

2.足を丈夫にする

 

人は足が弱ると、

グッと弱ってしまいます。

 

周りを見てもそう感じるので、

今から「足を丈夫に」を意識。

 

散歩、スクワット

日常的に取り入れていきたい。

 

3.上手に年齢を重ねる

f:id:megstyle39:20180309020754j:plain

 

人は、生きていれば誰でも

年齢を重ねます。

 

美魔女とかじゃなくていい。

上手に年齢を重ねたい

 

▶生きるスタイルは装いに表れる。79才のパリジェンヌの言葉。

 

きれいでありたいと思うこと自体は、

とても良いことです。

 

でも、変に年齢に抗って恐れたり、

美容に執着しすぎるのは痛々しく感じます。

そこに魅力は感じない。

 

自然体で、魅力的。

そんな人でありたいです。

 

 こんな記事もありました。

▶ 「私、もうオバサンだから」の口癖 今すぐやめるべき理由

 

 ひとりの時間も、

人と関わる時間も大切に。

 

そして、「ゆるく生きる」。

 

46才という響きも、悪くない。

 

 

ブレイク中の、石田ゆり子さん。

ちょっとみてみたい気もする。

 

 

 ターシャ・デューダーさんの映画も、

近いうちに観てみたい。

 

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ