シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

ひとり暮らしのシンプルライフ。45回目の誕生日に思うこと。

R45とプロフィールに書いてありますが、

今日でジャスト45才になりました。

 

おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

45才になった自分は

どんなことを感じたかメモしておきます。

 

45回目の誕生日に思うこと

この年になったらもう誕生日は嬉しくない?

f:id:megstyle39:20170308183147j:plain

 

ミドルエイジを過ぎた頃から、

「お誕生日おめでとう」の言葉に、

 

「この年になったらもう

 誕生日なんて嬉しくないよ」

(若くないし年をとるだけだから)

 

という返事をよく聞きます。

 

わたしなぞ、ひとり暮らしの45才。

あぁ、また年をとっちゃった...

と思うかというと。

 

45才になったことが嬉しいです。

 

誕生日が嬉しいのかというと、

どうもそうではなく。

 

43才の頃、もう自分は44才位の気分でいた

(43年よりもっと

 生きてる気分がしていた)

から44才の誕生日を迎えた時、

やっと感覚と実際年齢が追いついた嬉しさ

がありました。

 

しばらく経つと、44才ってなんか

中途半端な年齢だわぁと思うようになり

(満足を知らない人間みたいですみません)

今日45才になって

「キリが良い感じだわ」と嬉しい気分です。

 

自分を褒める日

f:id:megstyle39:20170308182914j:plain

 

皆さんはお誕生日は

誰かにお祝いしてもらいますか?

 

お誕生日って、

特に私位の年齢になると、

「生んでくれてありがとう」と両親に

感謝する日であるべきなのかなと思います。

 

または、

また1年無事に過ごせたことを

感謝する日だったり。

 

 

私はと言うと。

「45年良く頑張って生きてきた!」

 と自分を褒める日です。

 

もちろん

自分ひとりで生きてこれたわけじゃないし、

両親に育ててもらった感謝もすべき

なんですけど、とにかく自分を褒めたい。

 

「また1年頑張ったね」と

 自分で自分を褒めます。

 

ひとり暮らしのシンプルライフ

モノや手間は減らしていく

f:id:megstyle39:20170308182834j:plain

 

まだ45なのにネガティブと

捉えられるかもしれませんが、

これからいつかは

体力やら何やら落ちていくわけです。

 

特に私はひとり暮らし。

自分で管理できる範囲内にモノを収めたい。

もちろんシンプルが好きですし、

モノを減らすことは

何かと私にとっては合理的なこと

と言えます。

 

また、手間も減らしたい。

 

ジェットコースターみたいに

突っ走りすぎた結果、

思っていたよりも早くガタが

来始めてしまったので、

これからは自分を労いたいなと。

 

経験は増やしたい 

f:id:megstyle39:20170308182715j:plain

 

どこかに行ったり、何かを見たり、

大切な人と過ごしたり。

そういう経験は増やしていきたいです。

 

モノは増やさず、経験を増やす。

 

人との縁やつながりみたいなものも、

信じてみたいような気もしてきました。

 

これ、大きな変化です。

 

人生は有限です。

あの時ああしていれば良かった、

あの時伝えておけば良かった、

という後悔はしたくない。

 

未だに「自分らしさ」を模索中ですが、

心と体と向き合いながら

「心地良く過ごす」

を大切に過ごしていきたいと思っています。

 

45才の誕生日の覚書きでした。

 

 

  応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ