シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

つげ櫛の簡単お手入れ(自己流)。

megstyle39.hatenablog.com

 

 

お気に入りのつげ櫛は、

今も大活躍。

 

歯が欠けることもなく、

丈夫で使いやすいです。

 

ですが、つげ櫛にはお手入れが必要

 

今日は自己流の簡単お手入れの様子

お見せしちゃいます。

 

つげ櫛のお手入れは月に1回

 

ちなみに私が購入したつげ櫛はこちら。

半月型がかわいい。

 

 

すかし彫りの

絵柄の違うタイプもありますよ。

 

 

つげ櫛油分を補う為に、

月に1回お手入れをします。 

 

それさえしていれば、

つげ櫛はとても長く使える

と言われています。

 

自己流簡単お手入れの仕方

1.汚れをとる

f:id:megstyle39:20160830033811j:plain

 

歯の間や飾り彫りの部分の汚れを

綿棒でとって綺麗にします。

(一般的には歯ブラシを使用するのが

 ポピュラーです。)

 

2.ゆず油(本来は椿油)に浸す

f:id:megstyle39:20160830033929j:plain

 

丁度使わないジップロックがあるので

つげ櫛を入れました。

 

ゆず油を投入し、

全体に行き渡るように優しくもみもみ。

 

 

 

3.一晩置く

f:id:megstyle39:20160830033957j:plain

 

油に浸したまま一晩おいて、

油を櫛に浸み込ませます。

 

4.取り出して柔らかい布で拭く

f:id:megstyle39:20160830121403j:plain

 

取り出したら、

柔らかい布で浸み込ませるように、

撫でながら拭き上げます。

 

私は、やわらかめのウェス

(いらなくなった衣類などを切った布)

かティッシュで拭いてしまいます。

 

ラップ使用編

 

皆さんのお宅には

使わないジップロックなどは

ないと思われますので、

ラップの使用がお勧めです。

 

ラップの上につげ櫛を置き、

椿油を数滴垂らし、

全体になじませます。

 

そのままラップでくるんで一晩寝かせて、

あとは同じように拭き上げるだけ。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

つげ櫛で有名な

十三やさんのサイトはこちら。

職人さんの技が光っています。

 

京 つげ櫛 十三や:つげ櫛

 

まとめ

 

我ながら

すごくアバウトなお手入れ法ですが、

全然差し支えありません。

 

つげ櫛

どんどん飴色になるのが楽しくて、

面倒臭がりの私でも、

このケアは苦にならないです。

 

ただ、

こんな自己流の簡単お手入れができるのは、

お値打ちなつげ櫛だからだと思います。

 

これが高級なつげ櫛だったら、

怖くてとても出来ません(ΦωΦ)。

 

お手頃で使いやすく、

簡単なお手入れで済むモノの方が、

私にとっては気が楽で

心地良く使えるようです。

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ