シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

究極にシンプルな遊び。光る泥だんごはすごい。

先日、図書館へ行ったら

懐かしい光る泥だんごの本があったので、

今日は光る泥だんごについてご紹介します。

 

光る泥だんごを知っていますか?

 f:id:megstyle39:20160713040931j:plain

 

光る泥だんごは究極にシンプルな遊び

 

懐かしいと言っても、

光る泥だんごの存在を知ったのは

多分30才を過ぎてから。

 

職場でブームが起きたのです(笑)。

 

それまで、子供の頃に

泥だんごはたくさん作ったことはあれども、

その場限りで壊してしまう、

壊れてしまうものだと思っていたので、

光る泥だんごの存在は知りませんでした。

 

だから知った時、

見た時は本当にびっくり!!

 

 

本格的に仕上げようと思うと

何日かかかりますが、

 

出来上がると通常の泥だんごのように

すぐに壊れてしまうことはなく、

飾っておくことができます。

 

チョコボールみたいに光輝くんですよ!

光る泥だんごを作ってみよう

f:id:megstyle39:20160901055703j:plain

 

用意するもの

 

土または砂

(粒子の大きい土と粒子の小さい土が

 混ざったものだとベスト)

様々な粒子の土

 

 作り方 

 

まずは泥だんごの芯を作ります。

芯といっても、

一般的な普通の泥だんごのようなものです。

 

①水を混ぜた土で普通に泥だんごを作る。

 

②手で握り締め 水を出しながら

(しっかり水を絞りだすことがポイント)

 泥だんごを出来るだけ丸く作る。

 

そうすると割と硬めの泥だんごになります。

これが、泥だんごの芯になります。

 

ここからいよいよ、

光る泥だんごにしていきます。

 

③泥だんごの芯に、

 乾いた様々な大きさの粒子を含んだ土を、

 たっぷり振りかける。

 

④表面にのった土を

 優しく払い落としながら

 表面を球形に(まるに添って)なぜる。

 これを繰り返します。

 

⑤表面をなぜる力は、

 表面が乾燥するに従い、

 だんだん強くする。

(と言っても、あまり強すぎると

 ひびが入ってしまうので注意。)

 

④泥だんごの表面に振り掛けた

 乾いた土が付かなくなるまで繰り返すと、

 泥だんごの表面が光ってきます。

 (最短1~3h程度は必要です。)

 

⑤細かい粒子の白砂をかけて

 表面をなぜるを繰り返すと、

 更に丈夫で光る泥だんごになります。

 

⑥できあがった泥団子は、柔らかい布

(フリースなどもOK)で時々撫でて

 磨いてあげると更にピカピカになります。

 

こちらの動画、参考になりますよ。

www.youtube.com

 

アレンジ

 

どんな土を使うかで

泥だんごの色合いは変わってきます。

 

一番最後の仕上げの段階、

細かい粒子をかける時に、

例えば抹茶の粉を使用すると

見事な抹茶色の光る泥だんごになります。

(元上司作 笑)

 

ようするに、

何色の細かい粒子をかけるかによって、

カラフルな光る泥だんごを作ることができるのです。

 

大人も子どもも楽しめるシンプルでエコな遊び  

大人も子どもも一緒に楽しめる

 

年中、年長さん位でしたら、

結構自力で作れます。

(大人が作るほどピカピカには

 ならないかもしれませんが。)

 

大人が作る場合は本当に見事に光るので、

夢中になってしまうかもしれませんよ☆

 

職場で流行った時には、

休憩時間になると大人が揃って黙々と

泥だんごを布で磨きはじめるので

可笑しかったです(笑)。

 

壊れてしまったら土にかえすだけ

f:id:megstyle39:20160713052805j:plain

 

もとが泥だんごだとは思えない位

綺麗で、オブジェみたいです。

 

実際私も半年ほど部屋に飾っていました。

 

ひびが入ったり、

壊れてきてしまったら土にかえすだけ。

とてもエコな遊びですよね。

 

 

その辺にある土で十分作れます

(小石などは丁寧に取り除いてください)、

現代は土がそんなに簡単に手に入らない

という環境の方もいらっしゃると思います。

 

そのような場合は、どうやら

「光る泥だんご作りセット」

なるものが販売されているようですよ。

 

 

これから夏休みに入りますし、

お子様のいらっしゃる方は、

今年は一緒に

光る泥だんご作りを楽しんでみる

というのはいかかですか?

 

大人ひとりの方も、是非どうぞ。

 

**********

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ