シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

すべてをデジタル保存して捨てる必要はない。

 ミニマリストに憧れる、

モノの少ない生活がしたい。

 

そんな時に多い情報が、

思い出のモノを捨てれない時は、

写真に撮りデジタル化して、モノ(現物)は手放せば良い。

というものです。

 

すべてをデジタル保存して捨てる必要はない。

デジタル化すればモノが減るという勘違い

f:id:megstyle39:20180513152314j:plain

 

一番わかりやすそうな、写真を例えに出します。

 

今はスマホで写真を撮る時代なので、プリントアウトしない限り、はじめからデジタル化していますね。

 

私が子どもの頃は、フィルムカメラでした。

写真は現像するモノで、紙で残ります。

 

子どもの頃からの、たくさんの写真。

アルバムはかさばるし、モノを減らしたい。

そうだ、全部デジタル化して写真本体は捨てよう。

 

はたしてこれは、モノを手放したことになるのでしょうか?

 

 

たしかにパッと見は、モノは減ります。

紙ほど場所を取りません。

 

でも、実際はデジタル情報として、そのままの数残っているんですよね。

 

場所を取らないようにするためだけに、写真をスキャンするという手間や時間をかけるわけです。

 

そして、それらの膨大な写真を滅多に見ることはなく、今度はデジタル情報の整理をしたくなる。

 

こう考えると、2度手間です。

 

デジタル化を、全否定するわけではありません。

デジタル化すると、PCやスマホの壁紙にしたり、新しい楽しみ方、活用の仕方も出ます。

 

肝心なことは、すべてをデジタル化するのでなく、必要なモノだけを残すことです。

 

同じような場所やショットがあれば、そのうちの1枚だけ残す

見て幸せな気分になるモノだけを残す、など。

 

あとは捨てます。

 

残した写真はそのまま持っていても良し、デジタル化しても良し。

自分の良いようでOK。

 

旅先の思い出のモノとデジタル化

f:id:megstyle39:20180513152646j:plain

 

例えば、旅先の思い出のモノ

 

デジタル化して残しておくのも、ひとつの手です。

 

でも、本当は持っていたいのに、モノを減らしたいがために、半ば無理矢理デジタル化して手放そうとする必要はないと思います。

 

実際に形があるモノと、デジタル化された情報では決定的な違いがあります。

 

モノには触ることができる。

実際のモノにしかない存在感もある。

 

私は、本当にお気に入りだったり、大切なモノは現物を持っています。

 

時間が経ち、もう手放して良いかな、と思う時が来たら手放します。

 

 

ちょっと話はとぶようですが、

しばらく前までは、PC の情報を保存するのにフロッピーディスクが使われていました。

今は、ほとんど見かけませね。

 

現代はめまぐるしく世界が変化しているので、デジタルの世界もどんどん進化していくでしょう。

 

そう思うと、本当に大切なモノは、現物を残しておけば時代の変化に翻弄されません。

 

まとめ

f:id:megstyle39:20180513153241j:plain

 

・「モノを減らしたいから」と、すべてをデジタル化しても、デジタル情報が増えるだけ。

 

・デジタル化すると場所は取らないが、スキャン、撮影の手間、時間はかかる。

 

・写真をデジタル化して残す時は、厳選して残す。残りは捨てる。

 

・形あるモノにしかない良さもある。

本当に大切なモノは、現物を持っていれば良い。

 

すっきりした暮らし、シンプルな暮らしのために、うまく使えばデジタル化は有効です。

 

でも、できればデジタル情報も少ない方が、大切なモノ、必要な情報にアクセスしやすくなります。

 

暮らしの中に、上手に取り入れていきたいですね。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

*参考になります。トラコミュ。*

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

ミニマリストになりたい

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ