シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

本の誘惑。積ん読をなくしてからにしようと思ったお話。

本屋さんに行く機会がありました。

最近始めた、皮細工の本をチェックしに行ったのです。

 

▶趣味のモノ、増やしました。

 

服屋さんでは(今は)あれもこれも気になるとはならないけれど、本屋さんは誘惑がいっぱい。じっくり読んでみたいモノから、ちらりとのぞきたいものまで...。

 

本の誘惑。積ん読をなくしてからにしようと思ったお話。

 ミニマリスト、ジョシュア・ベッカーの本が気になる。

f:id:megstyle39:20180306174555j:plain

 

皮細工の本は、私が購入した本で今のところ十分だったので、今回は見送り。

ライフスタイルコーナーをのぞいてみると。

 

あっ、こんな本があるんだ!

 

ジョシュア・ベッカーの本。

タイトルは「より少ない生き方」

 

 

ジョシュア・ベッカーは、レオ・バボータと共に有名なミニマリストのひとりです。

 

ページを少しめくってみると、タイトル通り、「生き方」についての本でした。

 

モノを手放すことや、少ない持ちモノ自体にこだわるのではなく、それらは自分の生き方をより良いモノにするための手段、方法である。

 

今も、自分なりにそんな暮らしを実践しているつもりだけれど、こういう本、時々読みたくなります。

 

購入は、ダウンロードした積ん読をなくしてからにしようと思った。

f:id:megstyle39:20180306174625j:plain

 

本は、知的財産。

買おうかと手にとったけれど。

 

積ん読(読む予定で、まだ読めていない本)が、ある。

 

紙の書籍の積ん読はないものの、キンドルアプリでダウンロードした積ん読がいくつかあるのです。

 

物質としてのモノ(書籍)はなくても、アプリ内に読めていない書籍がある。

 

データも持ちすぎない。

これもまた、私の目指すシンプルライフ

 

ジョシュアの本は、積ん読がなくなってから購入を検討しようと思い直しました。

 

ちなみに、レオ・バボータの本、「減らす技術」は今も持っています。

レオの本も、暮らし(ライフスタイル)自体を変えるアドバイスになる本です。

 

 

モノも、本も、ストックしすぎないようにしたい。

 

あ、少し前に紙の書籍で「めんどくさいがなくなる本」を読みました。

とても良かったので、また近いうちにご紹介したいです。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 *参考になります。トラコミュ。* 

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

シンプル・ミニマルライフ

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ