シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

白いベッドカバーに返り咲く。

気分転換をしたい時は、「プチ模様替え」をします。

 

家具の位置を変えるとかでなく、部屋の一番大きな面積を占めるモノを変えるのが一番手っ取り早い。例えばベッドカバーやカーテンなど。

 

私の場合は大体ベッドカバーを変えます。

 

ベッドカバーで気分転換 

黒地に花柄のベッドカバー 

f:id:megstyle39:20170819143644j:plain

 

シンプルライフに目覚めてから真っ白なベッドカバーを愛用していましたが、気分転換をしたくなり黒地に花柄のベッドカバーに替えました。

 

▶ベッドカバーでプチ模様替え。

 

濃い色は、色褪せがちょっと早めかもしれませんね。

半年近く使いましたが、若干色褪せてくたびれ感がでてきました。

 

久しぶりの柄物のカバーで新鮮でしたが、やっぱり私は無地の方が落ち着くかもしれない...。そして何より、最近「黒」な気分じゃなくなってきたんです。

 

丁度、カバーのくたびれ具合的にも買い替え時。

気分を新たにすべく、ベッドカバーを買い替えることにしました。

 

何色にしようか迷ったけれど

f:id:megstyle39:20170820155217j:plain

 

そんなわけでニトリさんへ。

丁度商品の入れ替え時なのでしょうか、思ったより種類が少なかったです。

 

何色にしようか迷いました。

今回は、白にこだわっていたわけではなかったので。

 

薄いブラウン、リネンのグリーン...

いまいちピンと来ない。自分の部屋にこの色のベッドカバーを置いたら...と想像すると、どうもおじさんぽい気がしました。

 

女性の部屋というより...ちょっと渋すぎる...。

部屋の主にもよるんでしょうが、私が使うとおじさんぽくなる予感。

 

もうちょっと柔らかい雰囲気にしたい。

 

結局白のベッドカバーに落ち着く

f:id:megstyle39:20170819143842j:plain

 

消去法ですすめていくと、結局白が残りました。

 

おまけに、商品入れ替えの為、お値段がかなりお値打ちに。

はい、決定。

 

またしても白のベッドカバーに返り咲きました。

 

▶今はやっぱり白がいい。ニトリさんのベッドカバーをアップデート。

 

今まで黒のベッドカバーだったので、白の無地にすると部屋が明るくなりますね。

それに広々とした解放感が出る。

 

面白味はないけれど、今はやっぱり白で良いみたいです。

 

ゆくゆくは他の色のベッドカバーも楽しみたいけれど。

しっくりくる色に出会う時までのお楽しみということで。

 

白という色

f:id:megstyle39:20170819143926j:plain

 

新しいので折ジワがしっかり☆

几帳面な方だとアイロンをかけてから使用されるのでしょう。

私は自然アイロンに任せちゃいます。(使用しているうちにシワが消えるのを待つ。)

 

「白」という色には、リセットしたい、やり直したい、新しいスタートをきりたいなどの意味合いがあると言われます。

 

たしかに今、リセットしたいと思っているかも。

リセットしたいというか「見つめ直したい」という感じかな。

 

前回は、もっとはっきり「リセットしたい」と思っていた気がします。

 

うん。

ちょっとさっぱりしました。

 

黒のベッドカバーはウェスにして、もう一活用してからさよならです。

(ウェス:不要になった布を適当な大きさに切り、使い捨て雑巾のようにして使うモノ。)

 

f:id:megstyle39:20170819143806j:plain

 

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 *参考になります。トラコミュ。*

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

+++ 心地よい暮らし +++

素敵な大人のシンプルライフ

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ