シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

「シンプル」について考えさせられた記事。

私は心地良さを求めています。

「心地良い」のは、どうやらシンプルライフらしいと気付いたのが約1年ちょっと前。

このブログをはじめる少し前のことでした。

 

「シンプル」と一口で言っても。

私の心にしっくりきた言葉 

f:id:megstyle39:20170723153915j:plain

 

「シンプルライフが好き」と一口で言っても、色々なタイプの方が存在します。

たくさんのシンプルライフ、ミニマリスト系のブログを読ませていただいて、本当に人それぞれだなと感じます。

 

でも、矛盾するようですが、それぞれのようで似ているなと感じる場面も多いです。

 

そんな中、 こちらの「ミニマリストの小宇宙」さんの記事に私の心にとてもしっくりくる言葉がありました。ご紹介させてください。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

「美しさのための美しさ」と同様、「シンプルのためのシンプル」というのもまた本当ではない。

 

部屋をすっきり見せるために、あらゆるものを隠す。ちょっと使ったらすぐに収納する。もちろん収納グッズも見た目がシンプルで美しいものを揃える。調味料や洗剤に至るまで、見た目を統一するために容器を買いそろえ、さらにそれだけでは中身がわからないからオシャレなラベルを作って貼る。

詰め替えなければ、ラベルを貼る必要などない。「見た目のシンプルさ」を求めて、余計なことをして、生活はどんどんシンプルから遠ざかる。シンプルな詰め替え容器」というのはまさに、「有っても無くても構わない代物」なのだ。

暮らしにおける美しさやシンプルさというのは、シンプルな家具や雑貨をそろえたからといって得られるものではない。表面だけ取り繕っても、結局は「空虚」なのである。

 

全ての容器を統一して、無印良品で揃える。

そのような方はきっと、 シンプルなデザインの住空間が好きな方なのでしょう。

 

私はというと、生活自体をシンプルにしたい。

たくさんのことに手間をかける余裕が自分にはないからです。

 

もちろん、私も詰め替え用のモノはクリアなボトルに詰めていたりもします。

でも、全てのボトルを統一する情熱もこだわりもありません。

 

自分の求めるシンプルとは何か

f:id:megstyle39:20170723153149j:plain

 

今回、「ミニマリストの小宇宙」さんの記事を読んで、あらためて自分の求める「シンプル」は何か、「心地良い」とは何かがみえてきたような気がします。

 

先程の例、どちらが良いとか悪いとかではないんです。

 

自分が求める「シンプル」はどんななのか。

 

例えば、多少の手間をかけても容器を統一したりして見た目がシンプルなお洒落な部屋にしたいのか。

 

それとも手間自体を減らして、空いた時間を他のしたいことに充てたり、心の余裕を得たいシンプルさなのか。

 

理解しているとやみくもに「シンプル」に振り回されることがなくなります。

 

そういう私も、まだ試行錯誤なところがたくさんありますが。

 

 こちらの記事も、とても興味深かったです。

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

よろしければこちらの記事もお読みいただけると嬉しいです。

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 *参考になります。トラコミュ。*

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

素敵な大人のシンプルライフ

シンプルライフ

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ