シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

使いやすい食器棚収納3つのポイント。

引っ越し当時、職場の同僚から譲っていただいたリユースの食器棚を使っています。

 

リユースの食器棚を使っています。

 

ひとり暮らしの私にはちょうど良い大きさ。

とても使いやすいです。

 

収納の様子とポイントとは。

 

使いやすい食器棚収納3つのポイント

1.食器の数を減らす

f:id:megstyle39:20170426111937j:plain

 

まずは食器の数を減らします。

 

マグカップをいくつも持っていたり、同じ用途のお皿が何種類もありませんか?

 

お気に入りなら持っていても良いと思いますが、欲張りすぎて収納が大変になってしまっては残念です。

 

できれば用途ごとの最小限の数、もしくは最小限プラス1つくらいに数を絞りましょう。

 

例えば私はこんな感じで減らしました。

 

BEFORE

f:id:megstyle39:20170426101824j:plain

 

グラスがいくつもあります。

古くなったタッパ、もう使わなくなっていた中国茶器。

一番下には使用頻度の少ない大き目のお皿が何枚も重ねられていました。

 

これを断捨離して。

 

AFTER

f:id:megstyle39:20170426102223j:plain

 

こうなりました。

 

2.よく使うモノほど取りだしやすい位置に置く

f:id:megstyle39:20170426113200j:plain

 

収納の基本は、よく使うモノほど取りだしやすい場所に置くこと。

 

我が家の食器棚の場合、1段目と2段目は使いやすい高さです。

一番下の3段目は、少しかがまないと取れません。

 

そこで1段目にはコップ類と小皿、2段目には茶碗とお椀、平皿を置きました。

よく使うモノたちです。

 

大き目のお皿とシリコンスチーマーは比較的使用頻度が低いので、3段目に配置しました。

 

3.ワンアクションで取り出せる

f:id:megstyle39:20170426103231j:plain

 

基本「ワンアクションで取り出せる」を心がけています。

 

例えば先程のBEFORE画像の配置だと、大皿を使おうと思ったら上に置いてあるシリコンスチーマーをどけなくてはなりません。

ワンアクションでは取り出せませんね。

 

現在はワンアクションで取り出せるように配置しています。

「取り出しやすい」ことは「しまいやすい」にもつながります。

 

ワンアクションで済めば、面倒ではないので食器棚の中が乱れることがありません。

 

その他のポイント

f:id:megstyle39:20170426113437j:plain

 

他のポイントとしては、食器棚の奥の方には何も置かない。

単純に、奥の方は取り出しにくく、しまいにくいからです。

 

茶碗やお皿は重ねますが、重ねることができないコップなど(画像の場合はガラスのコップ)は、前後に配置しています。

 

滅多に来客はありませんが、お客様がいらした時には前のコップもとって後ろのコップも取る。2人なら両方使いますから。 

ワンアクションで取り出せるのと変わりません。

 

最後に

f:id:megstyle39:20170426115326j:plain

 

まずは食器の数自体を減らすことが要です。

 

数が少ないほど余裕を持って収納できるので、ワンアクションで取り出せるようになる確率が高まります。

 

これらのポイントを意識すると、食器棚の使い勝手がぐんと良くなりますよ。

ぜひお試しください。

 

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

*参考になります。トラコミュ*

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離でゆとり生活

収納・片付け

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフランキング