読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

写真やアルバムを捨てたことを話したら、作業療法士さんに「過去を捨て始めたんですね」と言われました。

作業療法士さんとお話する機会がありました。

 

写真やアルバムをたくさん捨てたことを話したら、「過去を捨てはじめたんですね。」と言われました。

 

写真やアルバムをたくさん捨てました

f:id:megstyle39:20161213084057j:plain

 

一昨年末あたりから、たくさんのモノを捨て始めました。

 

アルバムや写真も随分捨てました。

多くの人は大切に持っているであろう卒業アルバムも

 

megstyle39.hatenablog.com

 

「過去を捨てはじめたんですね」と作業療法士さんに言われました

f:id:megstyle39:20170104182635j:plain

 

山での療養中、数回でしたが作業療法をしました。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

事前に作業療法士さんに「自分について話してください」と言われます。

 

その時、たくさんのモノを捨てたこと、写真やアルバムも捨てたことを話しました。

 

すると作業療法士さんが「なるほど。過去を捨て始めたんですね。」とおっしゃいました。

 

そうなんですね。

自分なりに前を向こうとした表れの行動だったのだと思います。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

過去を捨てるのは良くないこと?

f:id:megstyle39:20161213084232j:plain

 

では、”過去を捨てること”は良くないことなのでしょうか?

 

実際には過去を全部捨てることなど出来ません。

 

どんなに写真を捨てても、アルバムを捨てても過去はあります。

 

でも、もし、その過去が今の自分にとって辛かったり悲しい思いのするモノだったら?

 

”写真やアルバムを捨てて気持ちを整理する”のは有効だそうです。

 

”気持ちを切り替える、過去への執着を捨てる”ことに一役かってくれます。

 

もちろん、辛かったり悲しい経験から学んだこともたくさんあるはずですが、何も辛い気分になるモノを持っている必要はありません。

 

捨てて良いのです。

 

大切なモノだけを残そう

f:id:megstyle39:20170104190330j:plain

残す、残さないの簡単な判断基準

 

・見て悲しい気持ち、辛い気持ち、ネガティブになるモノは捨てる。

 

・見て嬉しい気持ち、楽しい気持ち、励ましになったりポジティブな感情がわくモノは残す。

 

ちなみに、デジタル化して残すという方法もよく見かけますが、私は今のところ全部そのまま捨てています。

 

スキャンするのが面倒なのと、しだすときりがない気がするので。

 

残したい過去の現像された写真やモノは、無理して捨てず現物で持っています。

 

もしかしたら、これからはデジタル化して残すこともあるかもしれませんが。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 *参考になります。トラコミュ*

シンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離♪

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡


にほんブログ村


シンプルライフランキングへ