読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

クローゼットを開けた時の違和感が教えてくれること。

断捨離 手放したもの

 

f:id:megstyle39:20160814171225j:plain

クローゼットを開けた時に感じた違和感 

違和感は突然やってくる

 

映画を観つつ、のんびり過ごしております。

捨てる作業もちょっぴりお休みしていたのですが。

 

毎日開けるクローゼット。

毎日開けているというのに突然「・・・」。

何か違和感が。

 

違和感は大体、小さな心のモヤモヤという形でやってきます。

 

特に中身を入れ替えたわけでもなく、新しいモノを追加したわけでもなく。

 

それなのに突然やってきた違和感。何だろう。

 

違和感の原因は「ときめき」を感じなくなったモノの存在だった

 

しばしじっとクローゼットをみつめて、これだと思ったもの。

それはストールとベルトでした。

 

我が家ではこのようにストールとベルトもかけて収納しています。

(右側には一応期限付きでとっておいてあるサイズアウトした服が・・・。)

 

f:id:megstyle39:20160814173250j:plain

 

ここにあったストール1枚とベルト1本がモヤモヤの正体でした。

そして違和感の原因は、「ときめき」を感じなくなっていたことでした。

 

不思議なもので、先日まで特に違和感を感じなかったモノに突然違和感を感じ、ときめきを感じなくなる。

 

こんな時は、自然な手放し時かなと思います。

 

違和感を感じたモノを手放す

f:id:megstyle39:20160814174051j:plain

 

そんなわけで、上の2点を手放すことにしました。

 

ストールは今の私がすると地味になりすぎる気がするし、結構前に購入したモノでよく見るとくたびれ感が。

 

ベルトも5年位前からあります。

もし私が目出度く痩せたとしても、もうレースがついたベルトはしないでしょう。・・・と書いていたら、もう1本のベルトもいらない気がしてきました。

 

f:id:megstyle39:20160814175818j:plain

 

うん。これも一緒に手放しましょう。

だってそもそも、今の私にはベルトなんて必要ないですもの。(遠い目)

 

モノにとっては、突然のリストラみたいで可哀相かななんて珍しく一瞬同情的に。

でも、モヤモヤすると思われながら死蔵される方がモノにとっては迷惑な話ですよね。

 

違和感を感じるモノ、ときめきを感じなくなったモノは手放し時なのです。

3点とも十分使ったし。

今までありがとう。

 

部屋に入った時、クローゼットを開けた時は意外な捨てポイント

 

「使っていないモノはないか、着ていないモノはないか」とわざわざチェックしなくても、今日のように突然のモヤモヤした違和感という形で手放し時のモノがわかる時があるんだなあと実感しました。

 

そう思うと、家に帰って部屋に入った時、クローゼットを開けた時は手放し時のモノに自然に気が付くことができる意外な捨てポイントかもしれません。

 

まとめ

 

・違和感を感じたり、ときめきを感じなくなったモノは自然な手放し時。

 

・モヤモヤしながら死蔵するよりも、モノに感謝して手放そう。

 

・部屋に入った時、クローゼットを開けた時は、手放し時の物に自然に気付くことができる意外な捨てポイント。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

*参考になるトラコミュ*

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

シンプルライフ

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡


にほんブログ村


シンプルライフランキングへ