シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

20年選手のCDラックを手放しました。

ちょっと大物?

CDラックを手放しました。

20年以上使ってきたモノです。

 

手放すきっかけや、CDのその後の収納について書きます。

 

 20年選手のCDラックを手放しました

20年選手のCDラックは同級生からの誕生日プレゼント

f:id:megstyle39:20170217041426j:plain

 

今回手放すことにしたCDラックは20年選手。

 

20年前、同級生2人から誕生日プレゼントとしていただいたものです。

私が音楽が好きでCDをたくさん持っていたからでしょう。

 

CDを1枚ずつ収めていくことができ、縦に長いので横幅を取らずに済み便利でした。それから今までずっと使ってきました。

 

CDのパッケージデザインの多様化と共に使い勝手が微妙になってきた

 

このラックをもらった当時はCDはほとんど皆同じ形、厚みのパッケージでした。

たまにベスト盤などだと倍の厚みのものがあった位。

 

ですが、時代の流れと共にCDのパッケージデザインは多様化してきました。

ちょっと凝ったパッケージのものも多くなり、それらはラックに普通に立てることができません。

 

横に寝せて平積みしたり、ラックの横に立てたり。

見た目がちょっと雑然としてきて、納得いく感じではなくなってきてしまいました。

 

筆子さんの「1週間で8割捨てる」チャレンジをきっかけにCDラックも手放そうと思った

1週間チャレンジでCDを減らした

 

筆子さんの「1週間で8割捨てる」チャレンジで、CDをたくさん手放しました。

すると当然、ラックにもたくさん空きができます。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

 

空きがあること自体は全然OKなのですが、空きがあるのにパッケージの形状上きれいに収まらないCDがあることにすっきりせず、これならばラックを使わない方がきれいに収まりそうだと思いました。

 

手放そうと思ったもうひとつの理由

f:id:megstyle39:20170217062121j:plain

 

「同級生2人にいただいた誕生日プレゼント」と書きました。

 

現在は、その2人のうち一人とは年に1、2回会うことがありますが、もう一人とは残念ながら音信不通になってしまいました。その音信不通は、私にとってあまり良い思い出とは言えないものでした。

 

今までずっと特に気にせず使っていましたが、「1週間で8割捨てる」チャレンジの7日目に思い出の品を捨てました。その時、彼女と一緒に写っている写真も何枚か捨てました。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

今は彼女は彼女、私は私の人生をお互い生きている。

 

薄情なようですが、モヤモヤする写真を持っていることはないのです。

良い機会なのでラックも手放そうと思いました。

 

CDラックを手放したら、コンパクトにきれいに収まりました

f:id:megstyle39:20160802160830j:plain

 

CDラックは、今CDが置かれている場所に置いてありました。

 

低い引き出し家具の上に乗せて使っていて、棚の上が出窓前のディスプレイコーナーになっていました。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

現在CDは、左側にちょっと大きなパッケージのものを立て、あとはアーティストごとに並べてあります。

 

平積みではないので取り出しやすいですし、アルバム名やアーティスト名も一目でわかります。モヤモヤしなくなりました。

 

CDラックの棚上にディスプレイしてあったモノたちは、CDの前に並べました。

これ位なら特に邪魔になることもありません。

 

CDラックをなくしたことで高さがなくなり、見た目がコンパクトになりました。

 

少しずつ部屋のモノが少なくなりコンパクトになっていく。

いらない気持ちも一緒に手放していく。

 

片付けと心はつながっている、そんな風に時々思います。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 *トラコミュ*

断捨離暮らし  

断捨離♪  

断捨離でゆとり生活

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡


にほんブログ村


シンプルライフランキングへ