シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

モノのコンパクト化。置時計の買い替え。

大きさが気になっていた置時計を買い替えました

f:id:megstyle39:20160416004233j:plain

我が家には置時計がひとつだけ

我が家に時計は、デスク上に置時計ひとつ。

(腕時計除く)。

時計とカレンダーがプライベートを過ごす場所にあると時間に追われるような気がしてしまい、得意じゃないです。でも、ないと少し不便だったので小さいサイズをデスク上に置いています。

 

急ぎで買ったけれど少し大きいのが気になっていた

ひとつ前に使っていた置時計が壊れてしまい、買い替える必要がありました。その頃はまだスマホとかも普及しておらず目覚まし時計は必須。

 

「とりあえずいるモノ」なのですぐに買いにいきましたが、なかなか思うようなものがなく。自分の望む大きさより少し大きいけれど一番シンプルなデザインだった上画像の時計を購入しました。

 

シンプルだし文字盤もよく見えて良いのだけれど少し大きくて分厚い。デスクの上にどっしりと構えているのが心の隅で気になっていました。

 

何せそれまで使っていたのが手のひらにおさまるサイズの本当に小さな時計。

 

f:id:megstyle39:20160724033201j:plain

 

ストップウォッチみたいですが、ちゃんとアラームもついていました。イギリスの時計会社ロジャーラッセル製。今はもうこのタイプでこの大きさの時計は販売していないかもしれません。

 

Amazonさんにもいくつか取扱いがあるようです。

 

置時計もコンパクト化する

先日、デスクランプの買い替えでニトリさんに行ったので、置時計もコンパクトで良いのがあったら買い替えようと思いました。

 

その前に、今はスマホのアラームで起きるし、置時計は本当に必要か?腕時計をデスク上に置くのはどうだろうとも考えましたが、やはりアラーム付きの小さな置時計があった方が良いと判断。

 

置時計に求めた条件

今回は急ぎで買わなければいけないわけではないので「とりあえず」と妥協しないように条件を考えました。買い物の際に、条件をまとめておくのはとても有効。

 

・できるだけ小さくてアラーム機能があること。

・文字盤が見やすいこと。

・デジタル時計じゃないこと。

・色は白、シルバー、ウッド調のどれかが良い。

・手入れが面倒でないこと。

 

これらの条件で購入したのが下画像の時計です。

 

小さめの置時計にかえたら心にしっくりきた

f:id:megstyle39:20160726142900j:plain

 

選んだのはこの時計。

www.nitori-net.jp

 

ふたまわり位小さな時計

 

私の写真の撮り方がいまいちなので前のシルバーの置時計との大きさの違いがわかりにくいですが、ふたまわり位小さいです。そして厚みがないのでデスク上の場所をあまりとりません。小さな置時計に変えたら心にしっくりきました。

しっくりくる=落ち着く。大切な感覚。

 

小さくてアラーム機能付き。ウッド調でシルバーの針。秒針がカチカチ言わずに静か。文字盤は見やすいけれどごつすぎずかわいらしい感じ。厚みはないけれどしっかりと安定感があります。なかなかの優秀ちゃんです。

 

今まで使っていた置時計は説明書を添えてリサイクルショップへ

今まで使っていたシルバーの時計は、まだきれいですし問題なく使えるので、説明書を添えてリサイクルショップへ持っていきました。私の「とりあえず」の都合で買って、少し大きすぎると捨てられてしまっては、あんまりですものね。

新しい持ち主さんのところで活躍してくれたら嬉しいです。

 

まとめ

 

・「とりあえず」で買ってしまうと心にしっくりこない。

・買い替える前に、これは本当に必要なモノなのか考える。

・モノを買う時は、求める条件を書き出しておくと失敗が少ない。

・モノをコンパクト化するとスペースが広くなり解放感がある。

・まだ使えるけれど使わなくなったモノはリサイクルショップへ持ち込み、必要としてくれる方のもとへ渡ることができるようにする。

 

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com