読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

はけない靴を増やしてしまわない為に。正しい靴の選び方とは?

手放したもの 衣類、ファッション

試し履きしたはずなのに、買って実際はいてみたらなんだかちょっと大きい、かかとが痛いかも、なんて残念な経験はありませんか?

 

実は私は結構あります。

靴選びって難しい。

 

今日は正しい靴の選び方について、ちょっとお勉強してみました。

 

靴選びは難しい   

先日手放したスニーカー。長時間はいたら足が痛かった

f:id:megstyle39:20160726003258j:plain

 

はい、昨日と同じ画像でございます。

日傘と一緒に、スニーカーも1足手放したんです。

 

このスニーカー、歩きやすくていいと思っていたのですが、長時間履いていたら、足の親指と小指が圧迫されて足が痛くなってしまいました。

 

太って足も大きくなったこともあるかもしれませんが、どうやら私にはこのスニーカーの横幅が狭すぎたようです。(指先の方だけなのですが。)

 

合っていると思っていたサイズの靴も本当は合っていなくて、知らない間に足に負担をかけ、余計に巻爪につながってしまったりしていたのかもしれない。

 

ちょっと複雑な気分になりました。

 

はけない靴を増やさない為に、真剣に靴の選び方について調べてみた 

f:id:megstyle39:20160726003327j:plain 

自分の靴のサイズを決めつけない

 

例えば私の場合、大体靴のサイズは23.5です。

だからといって、どの靴も23.5センチなら丁度足に合う靴かといえば、もちろん違います

 

「同じ23.5センチ」のサイズ表記でも、メーカーや靴の形などによって結構違うものです。「同じ」じゃないのです。

 

はいてみたら23センチで無理なく履けるものも、24センチでないときついものもあります。

 

あくまでも23.5センチというのはめやすであり、1つ小さ目のサイズと大き目のサイズを履き比べてみるのが良いのです。

 

靴を買うのは夕方が良い?

f:id:megstyle39:20170130114457j:plain

 

足はむくむから靴を買うのは夕方が良いと聞いたことがあります。

 

でも実は、お昼位の時間帯(13:00~15:00位)に選ぶのが失敗が少ないみたいです。

 

夕方、足がむくんだ状態でちょっと余裕のある靴を選んでしまうと、実際は1日の大半を大きすぎる靴をはくことにつながってしまいます。

 

試し履きの時には少しの距離を歩いてみる

 

左右の足の大きさは違うことも多いので両足試し履きをしてみること。

更に、その場で立ってサイズを確かめるだけでなく、少しの距離を歩いてみる

 

少なくとも10歩以上は実際に歩いてみないと本当に自分の足に合っている靴なのか判断が難しいです。

 

足先には1㎝位の余裕があるものを選ぶ

 

足先には1㎝位余裕のあるものがベストです。

 

小さすぎると足が痛くなるし、巻爪などの原因にもなってしまいます。

 

逆に大きすぎる靴は中で足が前後に滑る為、靴擦れができたり歩き方が悪くなってしまったりします。

  

足の横幅は丁度良いか、少しきつい位のものが良い  

f:id:megstyle39:20170130113424j:plain

 

 自分としては、一番目から鱗だったのがこれです。

足の横幅も少し余裕があるものが良いとばかり思っていました。

 

甲周りがはじめから余裕のある靴は、大きすぎる靴なのだそう。

するとタコや靴擦れの原因になったり、足にも負担がかかるとのこと。

 

丁度ぴったりフィットするものか、少しきつい位のものを選ぶ方が良いのだそうです。

 

かといって、きつくて足が痛くなるものはもちろんNG。

このあたりの見極めが難しいところですね。

 

自分のかかとと靴のかかとのカーブが合っているかチェックする

 

靴のデザインや形は様々ですから、試し履きしたら自分のかかとと靴のかかとの形(カーブ部分)が合っているかチェックしてみます。

 

くいこんでいないか、痛くなりそうではないか、よく確かめてみましょう。

 

靴を買う時は時間に余裕を持って試し履きしよう

 

あれこれデザインを比べ、3サイズの靴をしっかり試し履きしようと思ったら、靴を買う時はある程度時間に余裕をもっていくことが必要ですね。

 

まとめ

f:id:megstyle39:20160727084255j:plain

 

・靴を選ぶ時間帯はお昼(13:00~17:00)が良い。

 

・自分の靴のサイズを決めつけず、1サイズ小さめと大きめの3サイズ履いてみる。

 

・足先に1㎝位余裕のある靴を選ぶ。

 

・試し履きをしたら、少しの距離を実際に歩いてみる。

 

・足の横幅、甲周りは丁度フィットするものを。

 

・自分のかかとと靴のかかとの形が合っているか確かめる。

 

・時間に余裕をもって靴選びをする。

 

靴選びは、快適な履き心地の為にも、足の健康の為にも、履けない靴を買ってしまわない為にもとっても重要。

靴を選ぶ時はもっと時間をかけて、念入りにチェックするようにします。

 

こちらのサイトはとても詳しくてお勉強になります。

www.orthotics-society.or.jp

 

 靴に関する過去記事です♡

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com

 

 応援クリックしていただけると喜びます♡


にほんブログ村


シンプルライフランキングへ