シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

モノの種類。

 

f:id:megstyle39:20160525173852j:plain

 

モノの種類は4種類あると思っています。

 

1.生活に必要なもの

2.お気に入りのもの

3. 必要ないけどただ持っているもの(捨ててもよいもの)

4.  思い出のもの、気付かず過去への執着で持っているもの

 

1.生活に必要なもの

  生きている以上生活に必要なものが必ずあります。

  どんなにミニマリストの方でも必ずあります。

  衣類、寝具、自炊をすることを前提で、調理器具、

  調味料、食器、必要な書類などなど。

 

  これらは、数を最低限にしたり、大きさをコンパクトなものに

  変えたり、書類の必要期限が過ぎたら処分することで、シンプル

  な生活を送ることができます。

  割と迷わなくて済むものかと思います。

 

2.お気に入りのもの

  お気に入りのものは、生活に潤いを与えてくれます。

  飾っておくと、気分がやわらいだり、わくわくしたり、

  これがあるととても便利!というお気に入りのものもあるでしょう。

  こういうものは、無駄なモノではありません。

 

3.必要ないけど、持っているもの

  (捨てても良いもの)

  これは、できれば是非捨てちゃいましょう。

  だって、必要のないものなのですから。

  例えば、必要期限の過ぎた書類。

  ついつい処分するのを忘れがちですが、溜まってくると処分が大変。

  特に、住所や名前など、個人情報が書いてあるものは、そのまま捨てる

  わけにもいきませんから、溜めずに処分していった方が良いです。

  

  そして何より、必要なものだけにしていれば、本当に必要な書類や

  モノがどこにあるのか、あれ?これだっけ?違うな、こっちだっけ?

  と探さずに済みます。

  時間も、労力も無駄にせずに済みます。

  探し物でいらないストレスを溜めることもありません。

 

4. 思い出のもの、

  気付かず過去への執着で持っているもの

  今私がちょっと迷っているものが、これです。

  思い出のものが、もしそれを持っていることで気分が良くなるなら、

  それはお気に入りのものとも言えるでしょう。

  なので、持っていれば良いと思います。

 

  でも、思い出のものだけど今は使わない、これからも使わない、

  見ていて気分が良くなるということもない、それなのに何となく

  捨てにくいというものは?

 

  私の場合、いくつかあるのですが、一番わかりやすいのが、

  ピアノとピアノにまつわるもの、楽譜です。

  

   f:id:megstyle39:20160525181742j:plain

  

  35才までは仕事でピアノを使っていたので、ちゃんと活躍する

  ものでした。

  それから10年近く経ち、今は賃貸アパートに住んでいるので、

  騒音などの関係から弾くことはできません。

  更に、先日久しぶりに楽譜をどうしようかなあと開いてみたら、

  なんとショックなことに以前のように楽譜が読めなくなって

  いたのです。

 

  これからまた練習する機会もなさそうですし、読めなくなった楽譜

  を持っていても意味はありません。

  この曲が弾けていた私 が弾けなくなってしまった事実。

  楽譜は練習してきた時間がつまっていて、思い出のものでもありますが、

  今は弾けなくなった自分を思い知るものでもあり、これから使うことも

  ないもの。

  

  今までは今まで。これからはこれから。

  読めなくなってしまった楽譜に執着することなく、手放すべきですね。

 

megstyle39.hatenablog.com

megstyle39.hatenablog.com 

megstyle39.hatenablog.com