シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

こんまりさんの本を読みました。

 

f:id:megstyle39:20160424153510j:plain

 

こんまりさんの本を初めて読みました。

私が読んだのは、画像の通り、「人生がときめく片付けの魔法2」です。

 

読み始めたら、”必ず人生がどきめく片付けの魔法1から読んでください。”

と書いてありました。

ごめんなさい。図書館で貸出可だったのが、この2、だけだったので、

これを借りてきてしまいました。

 

もしこれから読みたいな と思われている方がいらっしゃいましたら、

必ず1から読んでください とのことですので、ご参考までに(汗)。

 

「片付けの魔法2」は、ときめきかないモノを捨てたあと、理想のおうち

ときめく暮らしをどうやって実現するかをテーマに書かれた本 です。

 

こんまりさんは、テレビで偶然特集でお見かけしたことがあり、大雑把な

感じでは知っていました。

知っていたことは、

 

・モノにひとつずつ触れて、ときめく、ときめかないで残すものを選び、

 ときめかないものには、「ありがとう」と言って捨てる。

 

・片付けは「片付け祭り」で、全部一度に部屋に積み上げてしまってから行う。

 

こんまりさん流の服のたたみ方、立てる収納。

 

といったところです。

 

こんまりさんの本を読んで参考になったこと

 

私は自分なりに、そこそこモノを捨てれていると思っていましたが、今回

こんまりさんの本を読んで、なるほど、と思うことや参考になったことが

あります。

 

片付け は対モノ、掃除は対汚れ、

 片付けは心を整えることで、掃除は心を清めること。

 

 片付けで心が整うということは、逆説的経験で、”部屋の乱れはココロの乱れ”

 と実感していましたが、掃除は心を清めることというのは、何か

 新鮮でした。 私、心清めなきゃ。

 

安心するとか機能が豊富で便利、なんとなくしっくりくるなど生活していく

 うえで役立ってくれている のもときめきに入る。

 

 私自身は、こういうモノは残していましたが、今回本を読むまで、積極的

 ときめき以外はときめきに入らないのかと思っていたので、

 納得しました。 

 ようするに、使うか、使わないかってことですよね。

 

なんでもかんでも捨ててしまうのでは、家での生活そのものがときめかなく

 なるので要注意。

 ときめくモノが何もないシンプルすぎる部屋よりも、ときめくモノが堂々と

 飾られた部屋にしていくことの方が大事。

 

 このあたりは、そうかもなあ とも思いましたが、ミニマリストの方の中

 には、本当に何もない方が心地良い という方もいらっしゃるようなので、

 一概には断言できず、何にせよやっぱり

 ”自分が心地良い空間であること”が一番なのかな と思います。

 

自分にとって心地よい持ち物の量が「適正量のカチッとポイント」。
 「私はこれだけ持っていれば満たされるんだな」と納得する瞬間がある。

 

 これも納得です。多少のモノの多い少ないは人それぞれ。

 本人が心地良い=これだけ持っていれば自分は満たされる。

 これを把握していくことが、いつも片付いた部屋でいられる、余分なものを

 手にしなくなるヒントかもしれません。

 

収納の基本は9割収納。

 なぜなら、きっちり詰め込み過ぎは取り出しにくいし、逆にスペースが空き

 すぎると、人は何かで埋めたくなってしまう心理が働き、結果余分なものを

 持ってしまいやすくなるから らしいです。

 

 このあたりは、ミニマリストの方にはあまりあてはまらないかもしれませんね。

 私自身も、9割収まっていなくてもいいかな という感覚です。

 でも多分、一般的にはそういった傾向にあるのでしょう。

 

片付けは、過去の自分を否定することではなく、今の自分を認めてあげる
 ためにこそするべき。

 

 これも、自分が片付けを通して気付いたことです。

 今の自分をより大切にする為の作業 と言えるかなと思います。

 

家にあるモノは、1つ残らず、持ち主を幸せにしたいと思っている。

 ブラはおブラ様、お財布と共にプライドが高いので、VIP待遇。

 

 女性らしい感性ですね!

 こんまりさんの、お財布の扱いに関しては特にすごく丁寧で驚きました。

 私にはちょっとそこまでの余裕は今なさそうですが、気持ち的な面では

 参考になりました。

 ただ個人的には、プライド高いのこわいので、私のモノたちには皆、

 いつも穏やかにフラットでいてほしいです(笑)。

 

 あ、おブラ様は、手前を濃い色から順番にグラデーションになるように

 収納するとよいとのことでしたので、これは早速実践しました。

 

感想としては、女性らしい感性の、こんまりさんワールド

のお片付け本(でも芯がしっかりしている)という感じでした。

こんまりさんの可愛らしいけれど、きびきびしている様が、本の中に

時々でてくる「ぐだぐだ言ってないで、片付けてください!」という文章に

表れていて、ちょっとおかしかったです。

 

 今回も色々参考になることがあったので、良いとこどりさせていただきたい

と思っています。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 
人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

 

 

参考になるブログがいっぱいです^-^。

こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ ブログテーマ - 住まいブログ村

 

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」も読みました。 

megstyle39.hatenablog.com