シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

歯は大切。洗口液について知る。

 

実は先日、歯を抜きました。

頬がヒマワリの種を隠し持ったハムスターのように片側だけ腫れたのです。歯の根っこが酷く炎症を起こしていたらしく、結局抜歯になりました。

 

最高に効果がある洗口液、ネオステリングリーン

 

f:id:megstyle39:20160423181708j:plain

 

洗口液ネオステリングリーン 

 

抜歯にあたり、口の中を殺菌する洗口液を処方していただきました。

 ネオステリングリーンです。

(どうやら歯科医処方の洗口液で、お店では買えないようです。)

 

キャップの線まで液をコップに入れて口をすすぎます。

 

f:id:megstyle39:20160423183009j:plain

 

その名の通り、グリーンな感じになります。綺麗でちょっとテンション上がりました(単純 笑)。歯磨き用のコップは持っていないので(手コップというワイルドな手法でうがいしてます)、今回はグラスを使用しています。

 

それはさておき、この洗口液、非常に強力かつ、素晴らしいものだということを知りました。

 

バイオフィルムを知っていますか?

 

f:id:megstyle39:20160828215333j:plain

 

あまり想像したくないですが、口の中には細菌が浮遊しており、歯、歯肉、歯肉溝に付着して積み重なり、バイオフィルムという立体的な膜をはります

 

そして厄介なことに、バイオフィルムは抗菌剤などを通しにくく、機械的に取り除くしかないそう。

 

ブラッシングや、歯科医で専門的に取り除いた後、抗菌薬を投与していくなどでないと、バイオフィルム内の細菌にはアプローチできないのです。手強すぎます。

 

この恐ろしいバイオフィルムの増殖抑制、虫歯菌、歯周病菌全てに効果がみられるのが、今回いただいたネオステリングリーンようです

 

洗口液はどれも同じじゃない

 

今まで、殺菌効果がうたわれている、お手頃な市販の洗口液を使用していました。

 

以前、その洗口液を使用していることを歯医者さんに伝えたら、「うーん、まあ、それでもいいですよ」という反応でした。

 

今思うと、「うーん」が全てを物語っており、あまり効果は期待できないということだったのだと思います。

 

市販の洗口液は一体どれが効果が高いのか

 

そこで色々調べてみて、市販の洗口液で、割合効果がありそうなものを2つ挙げてみました。

 

1.コンクール

 

ひとつめは、コンクールという洗口液。(歯医者さんに置いてあるかもしれません。)

 

コンクールF

コンクールF

 

 

バイオフィルムの抑制効果がある程度あるということです。

ただ長期間常用していると、着色してくるという審美的な弱点?があるよう。

 

2.リステリン

 

よくみかけるリステリン 

 

薬用 LISTERINE リステリン トータルケア 500mL [医薬部外品]

薬用 LISTERINE リステリン トータルケア 500mL [医薬部外品]

 

 

リステリンの殺菌効果は長時間持続しないものの、ブラッシングと併用することに

より、歯肉炎への効果はあるようです。でも、殺菌力、持続性共に、コンクールに比べると、遙かに弱いとのこと。

 

ドラッグストアで買えるモノとしては今現在では一番有効かと思われます。

 

さいごに

 

市販の洗口液で、殺菌、虫歯、歯周病予防をうたっている商品は多いですが、思っていたよりずっと効果がぴんきりのようなので驚きました。

 

どれも同じと思わずに、よく検討したいです。

歯科に通っている間は、ネオステリングリーンを処方してもらおうと思っています。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

*こちらのトラコミュも参考にどうぞ*

 

シンプル・ミニマルライフの美容と健康 ブログテーマ - ライフスタイルブログ村