読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

大物片付け(浴衣、和装小物など)。

 

 大物片付けしてみました。

 

 実家から引っ越しの時に、クローゼットの棚上に運びこまれたままだったモノ。

 

引っ越し前にちゃんと、荷物を整理すれば良かったのですが、

仕事も忙しく、合間をぬってワーッと引っ越しをした為、いるものも

いらないものも容赦なく全部そのまま今の部屋につめこまれました(笑)。

実家に少し荷物を残すとかは、一切なし!

 

クローゼットの棚上に運び込まれたモノとは、着物、浴衣、和装用品、

小物などです。

クローゼットの棚上は、ほぼこれらで占められています。

 

あまりの重たさと大きさに、片付けたいけれど、

片付けれないまま10年すぎてしまいました。

 

しかも、この10年間、この中のものを使ったことは

一度もありません。

 

なので、浴衣と和装小物の方だけでも、重たさに負けず、頑張って

整理してみることにしました。

f:id:megstyle39:20160412013655j:plain

この入れ物いっぱいに、和装シリーズが入っていました

(入っているところを撮れば良かったのですが、あまりの重たさに

ヘロヘロで頭が回りませんでした 汗)。

 

画像だと大きさがわかりにくいですが、バスタブのように

私が入ることのできる大きさです(!)

実際、クローゼットにこれが入っていると、すごい圧迫感でした。

 

恥ずかしながら、着付けのことはわからないので、何がどれだけ

必要なのか正確にはわからなかったのですが、とりあえず、

それぞれひとつづつだけ取っておくことにしました。

 

その結果、クローゼットの半分を占めていた浴衣と和装小物は、

こんなにコンパクトになりました。

f:id:megstyle39:20160412014051p:plain

奥に小さいカゴに入れて腰紐などが収納してありますが、

なんというさっぱり感。

一体何が、何故、あんなに重たく大きな面積を占めていたのかが

わかりません・・・。しかも10年!だから写真を

 

クローゼットの上の棚、あとの半分は桐箱に入った着物で占められて

いるのですが、とても自分では動かせそうにないです。

それに、気持ち的に捨てることはできないものなので、当分手は

つけられなさそう。さて、どうしたものか。

また考えたいと思います。

 

本当は、持っているものはどんどん使いたい、

着たい派なのですが、自分で着付けができない、着ていく場所も

機会もない・・・(しかも重たい)

と、心の中で言い訳をする私。

 

着付けは勉強したらいいし、着ていく場所も

作ったらいい。

 

それがなかなか・・・モゴモゴ。

 ええと、とりあえず他のもの片付けます。

できることからひとつずつ。