読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

ぼくたちに、もうモノは必要ない。を読んで。

 

今日は、ぼくたちに、もうモノは必要ない。の感想を。

 

読みやすくわかりやすいミニマリスト

 

f:id:megstyle39:20160327162141j:plain

 

 

個人的な感想としては、ミニマリストへの指南本というより、モノを捨てることを通して、一人の人が、ここまで考え方や行動が変わったんだよという、内容の本に感じました。

 

だから、おもしろい。という感想になったのです。(良い意味です)。

 

著者の佐々木さんは、自分の過去のドロドロした感情、妬み、見栄、プライドを飾ることなく気持ち良い位に正直に書き、モノを捨てることによって、自分が何にこだわっていたのか、どのように変わっていったのかを、わかりやすく表現されています。

 

第3章からが特におもしろかったです。

 

rule23 

捨てるときに「クリエイティブ」にならない

は、心あたりがありすぎて、笑ってしまいました。

・・・・・なんか降りてきた!という表現も、自分の心の中そのままでしたから(笑)。例えばこちら。

 

megstyle39.hatenablog.comdemo

 

 rule 38

モノの「連鎖」の大本を断つ!

これは、なるほどその通りだなあと思いました。

先月、携帯を新しく変えたばかりなのですが、なんだかんだ、やっぱりいりましたもんね。一つ買ったらもれなく必要になるもの、手間がかかることまで考えて、購入するかどうか検討したいと思います。

 

追加リスト

rule 12

「モノが少ない対決」をしない。

持っている人を責めない。

 

その通りだと思いますし、好感が持てます。

知らず知らずのうちに陥りそうなこのrule、忘れないでおきたいですね。

 

ああ、これだ!!と思ったのが、

”モノが発する「沈黙のメッセージ」”。

私が部屋にモノが多すぎると感じ落ち着かなかったのは、まさにモノが発する沈黙のメッセージ の為だったと思われます。

 

実際、この本を読んでいる間にもそれに気付き、今使っているものがなくなったら使おうと思っていた、本当は気が進まないヘアオイルを2本捨てました。

 

以前は気に入っていて、安くなっていたから とまとめ買いしたのですが、その後、ヘアスタイルやコンディションも好みも変わってしまい、実は憂鬱だったのです。

 

ああ、まだこんなにある。でも、使えるものだから使わなくちゃと、プレッシャーを感じていることに気付きました。

 

捨ててしまうのはもったいないけど、憂鬱やプレッシャーにさいなまれるのは、心がもったいない。そう思ったら捨てることができました。

 

まとめ買いはしないことにします。

 

ミニマリストは痩せているは、耳が痛かったですが(目が痛い?)、自分の「食欲」をはっきり意識するを、ちょっと心がけてみたいです。

 

誰にでも向いているわけではないかもしれませんが、佐々木さん自身はモノを減らして本当に劇的に変わられたんだな と捨てるパワーを感じました。

 

読んで良かったです。

ジョブズ氏への憧れも、全編ヒシヒシと伝わってきて、微笑ましかったですしね笑)。

私もピュアな心が欲しいわあ。

 

さて沈黙のメッセージ”を放っているモノが、まだまだありそうな気がしてきたので、また少しずつ向き合っていきたいと思います。

 

megstyle39.hatenablog.com

 

刺激をいただけるブログがたくさんです!

ミニマリストになりたい ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし ブログテーマ - その他生活ブログ村

ミニマリストな生活 & シンプルライフ ブログテーマ - ライフスタイルブログ村