読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

捨てるのを迷ったら、まずとっておく。

f:id:megstyle39:20160307213156j:plain

 

片付けをする時、”迷ったら捨てろ”(それはいらないものである)

”いつか使うかも のいつかは来ない”。

これはよく見たり聞いたりする言葉ですね。

 

なるほど、そうかもしれない、とも思いますが、

私自身は、いるものといらないものを選別するとき、手にとった感覚で

捨てていく ということをしません。

 

ひとつひとつ、これは必要か、必要じゃないか、考えて選んでいきます。

そして、私の場合、迷ったらひとまずとっておきます。

確実に判断できるものだけを捨てていきます。

 

迷ったものはとっておいて、なぜ捨てることを迷うのか 考えます。

同時に、それを持ち続けることと、持ち続けた時の手間を天秤にかけます。

そうして、やっぱりいらない となれば捨てるし、やっぱりとっておこう 

と思うものはとっておきます。

その判断が次の日できることもあるし、数日、数週間かかることも。

 

思い出の品などは、例えばアルバムや日記など、開いて見ちゃいます。

そんなことしてたら片付けがちっとも進まない?

たしかにあまり進みません 笑。

でも、ちゃんと向かい合った分だけ、本当に納得して捨てることができます。

 

スローでもいい。

後悔や迷いのないよう、ひとつひとつのモノと向き合って、これからも

片付けていきたいと思っています。