シンプルがいいかもしれない。

心地良いのはシンプルな暮らし。

スポンサーリンク

整頓はできるけど、埃は気にならない?

自称モノが少ない方が好き人ででした

 

f:id:megstyle39:20160213221020j:plain

 

昔から、自称、モノは少ない方が好きな人間でした。

理由は、掃除が面倒臭いから。

 

整頓はきれいにされていないと気がすまなくて、パッケージのラベルなどは全て前を向いてないとダメ、ベッドカバーにしわが寄っているのもダメ、モノが置いてあるバランスや角度がずれているのもダメ。

 

落ち着かない!

 

それなのに、整頓さえされていれば、はあまり気にならなかったんです。

 

というか、本当は埃も気になっていたけれど、モノをどけて棚を拭き、また元の通りにきれいに戻す という作業をする余裕がなくて、薄埃は気付かないふりをしていただけなのかもしれません。

 

だから、ぱっと見いつも整頓されてきれいな部屋に見えても、「私の部屋はきれいよ」と思うことはできませんでした。

 

これってようするに、自分が思っていたより、実はモノが多かったってことなんだと思います。

 

モノが本当に少なければ、置いてあるものをササッとどけて、棚を拭いて元に戻せるはずなんです。

 

整理整頓の整頓はできているけれど、整理はできていなかった。

 

 

”自称 モノは少ない方が好き” だった私は、このことに気付いて自覚するまでに、随分と時間がかかりました。

そうです、R45になるまで!